ホーム > 所属弁護士 > 渡邉 新矢

渡 邉 新 矢

弁護士 | Shinya WATANABE

略歴

1973年
慶応義塾大学経済学部卒業
1979年
司法修習終了(第31期)・弁護士登録
八木・福島・山内法律事務所入所
1984年
米国コーネル大学ロースクール(LL.M)終了
ニューヨーク市ウェンダー・村瀬 & ホワイト法律事務所入所
1985年
尚和法律事務所入所
パートナー(1986年~2002年)
2002年
外国法共同事業ジョーンズ・デイ法律事務所入所
パートナー(2002年~2014年)
2018年
当事務所入所

所属

第二東京弁護士会

外部職・委員会等

  • 日本弁護士連合会独占禁止法改正問題ワーキンググループ委員
  • 競争法フォーラム副会長
  • 公正取引委員会「流通・取引慣行と競争政策の在り方に関する研究会」委員(2016年)
  • 第二東京弁護士会経済法研究会代表幹事(2003年~2012年)
  • 慶応義塾大学ロースクール非常勤講師(2005年~2007年 渉外実務、2007年~2016年 経済法)
  • 日弁連法務研究財団研究員(2004年)
  • 東京地方裁判所民事調停委員(2001年~2007年)

主な取扱分野

  • 独占禁止法、労働法、国際取引、その他企業法務・民事一般

著作・論文等

  • 「独占禁止法の法律相談」(青林書院 2000年8月、2005年9月、2010年8月、2016年5月)共著
  • 「要点解説民法改正」(清文社 2014年12月)編著
  • 「独禁法実務の新ポイント 防御権確保のための調査手続の見直し」(中央経済社 2014年12月)共著
  • 「建設業者のための独占禁止法入門」(清文社 2009年8月)監修
  • 「Q&Aでスッキリわかる IT社会の法律相談」(清文社 2007年2月)一部監修
  • 「電子署名・認証 法令の解説と実務」(青林書院 2002年6月)共著
  • 「最近の米国クラスアクションの動向」(公益社団法人公正取引協会 2013年2月)
  • 「Development of Regulating the License and Know How Agreement in Japan 」(Law and Practice, Vol. 4 2004年7月)
  • 「日本における特許・ノウハウライセンス規制の展開」(商事法務 「法と実務」 2004年7月)
  • 「Using private action for injunctive relief under the Antimonopoly Law」 (IFLR Guide to Japan 2003年1月) 他

講演・セミナー

  • 「日本・中国・EUの垂直的制限規制(2回シリーズ)」(ジョーンズ・デイ 独占禁止法セミナー 2017年10月)
  • 「EU競争法の最近の動向と企業活動への影響」(ジョーンズ・デイ 独占禁止法セミナー 2015年4月)
  • 「改正景品表示法及び課徴金制度の導入について~コンプライアンス体制の確立をどのようにするか~(ジョーンズ・デイセミナー 2014年11月)
  • 「『改正独占禁止法の解説』及び『最近のEU競争法の動向』」(ジョーンズ・デイ 独占禁止法セミナー 2014年3月)
  • 「最近の米国における反トラスト法民事訴訟の動向 ~日本企業が認識すべき実務対応と留意点~」(ジョーンズ・デイ 独占禁止法セミナー 2013年11月)
  • 「国際カルテルの執行強化~米国を中心として」(社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会 2012年10月)
  • 「グローバルなM&Aと競争当局の審査―米国の新しい「水平合併ガイドライン」を中心として―」(ジョーンズ・デイ 独占禁止法セミナー 2010 年11月)
  • 「企業経営に影響を及ぼす独占禁止法違反行為というリスク」(日本証券アナリスト協会 2010年5月)他

取扱言語

日本語・英語

トップへ戻る